学生がユーモアコミュニケーションワークショップに参加しました。

学生がユーモアコミュニケーションワークショップに参加しました。

倉敷芸術科学大学生命科学部生命医科学科の藤本ゼミの学生さん達が2017年5月21日(日)に岡山国際交流センター(〒700-0026 岡山市北区奉還町2丁目2−1)にて開催されたユーモアコミュニケーションワークショップに参加しました。

ユーモアコミュニケーションワークショップとは、特定非営利活動法人 日本クリニクラウン協会が開催するワークショップでクリニクラウン(臨床道化師:病院を意味する「クリニック」と道化師をさす「クラウン」を合わせた造語)の活動や役割、効果などについて理解を深めるワークショップであり、クリニクラウンと入院中の子どもとの関わりの事例を通して、入院中の子どもたちの理解を深めるとともに、笑顔で信頼関係を築くコミュニケーションについて一緒に考え、ネガティブをポジティブに変える視点や、非言語コミュニケーションを通じて、自分でも気づいていない自分を再発見できるワークショップです。

参加した学生さん達は、大変有意義でタメになるワークショップだったとのことです。

ユーモアコミュニケーションワークショップ クリニクラウン活動

 

 

学生がユーモアコミュニケーションワークショップに参加しました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする