学生が市民ふれあいトークに参加しました。

学生が市民ふれあいトークに参加しました。

倉敷芸術科学大学生命科学部生命科学科 2年次 米津 良志久 さん(兵庫県立香住高等学校出身)と同学科 1年次 西本 善貴 さん(香川県立高松工芸高等学校出身)の2名と産業科学技術学部 教授 小山 悦司 先生が2017年7月6日(木)に連島公民館(〒712-8001 倉敷市連島町西之浦497-1)にて開催された「市民ふれあいトーク」に参加しました。

この市民ふれあいトークは、テーマに沿って、倉敷市長と自由に意見交換をする会です。今回のテーマは、「一緒に考える このまちの地域力」です。

参加した2名の学生は、倉敷市が実施している取り組み高梁川流域圏成長戦略ビジョンについて詳しい説明を市長へお願いするなど活発に意見交換をしました。

倉敷市長からは、将来を担う大学生に対する期待が述べられ、温かい激励のメッセージが送られました。また、会場に詰めかけた参加者に対して、大学COC事業についての協力依頼がなされました。

市民ふれあいトーク会場全景 学生からの要望 倉敷市長が語る 倉敷市長と意見交換 集合写真

学生が市民ふれあいトークに参加しました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする