小学生と外国の言葉で「こんにちは!」

小学生と外国の言葉で「こんにちは!」

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

 本学の留学生別科で日本語を学んでいる留学生4人が、平成28年7月13日(水)、大学近くの霞ヶ丘小学校を訪問し、小学生たちと笑顔いっぱいで国際交流を行いました。
  小学校を訪問したのは、それぞれの民族衣装を着たスリランカ出身のティリニさん、セナールさん、ネパール出身のマガルさんと、パキスタン出身のムビンさん。
「こんにちは」を日本語で書き、その後、各国の言葉で「こんにちは」を書きました。
  クルクルとした字体に、小学生たちは驚きの声。右から書き始めた「こんにちは」に「えー!さかさま!」。また「山みたい」「絵みたい」など初めて見た字に声が飛び出しました。そして自分の名前を各国の文字で書いてみるチャレンジも行いました。
  後半は歌を歌いダンスをして、恥ずかしそうにしていた小学生たちから笑顔がはじけ、異文化の交流を深めることができました。
「2学期は漢字を教えてください」とムビンさん。子供たちとまた会う約束をして、小学校を後にしました。

歌とダンスをする留学生と小学生 歌を歌う留学生 こんにちわを母国の文字で書く 国際交流

小学生と外国の言葉で「こんにちは!」
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする