芸術学部 馬場教授が倉敷市と連携開発したアプリがアップデートされました。

芸術学部 馬場教授が倉敷市と連携開発したアプリがアップデートされました。

倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科 教授 馬場 始三(Baba Tomomitsu)先生が倉敷市文化財保護課と連携し開発したアプリケーション「倉敷市の文化財」がアップデートされました(iOS版のみ)。新たに5点の倉敷市の文化財データを追加収録(高梁川東西用水取配水施設、下津井城跡、行願院仁王門、天石門別保布羅神社本殿付棟札8枚、釈塔様)し、アプリケーション内の関連ウェブコンテンツの表示方法を倉敷市公式ホームページに対応させるなど進化しています。

iOS アプリについて詳しくは、こちらをご覧ください。
倉敷市のホームページは、こちらをご覧ください。

iPhoneをご利用中の皆様はぜひダウンロード頂き、ご使用ください。

倉敷市の文化財アプリ画面

芸術学部 馬場教授が倉敷市と連携開発したアプリがアップデートされました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする