キャンパス・リサーチャーvol.11

キャンパス・リサーチャーvol.11

生命科学部生命科学科 講師 大杉 忠則(Ohsugi Tadanori)先生です。

大杉忠則先生

分野・分科 農学・農芸化学
細目名 食品科学
研究テーマ 食用微生物由来の生理活性物質の研究
キーワード 食品機能、細胞機能調節物質、発酵生産
所属学会

国際血栓止血学会(ISTH)、日本生物工学会、

日本機能性食品医用学会、日本家政学会、日本洞窟学会

大杉先生の研究内容は、新規清酒用酵母の分離、日本酒に含まれる血流改善物質、食用微生物由来の生理活性物質の探索等です。また、岡山県が公募してる特別電源所在県科学技術振興事業に平成28年度採択されており、飼育水槽および小規模滞留水の悪化防止法および浄化法の開発(グループ研究 奥本、大塚、大杉)も研究されています。

さらに、COC事業も担当されており、備災・減災力育成研究も実施されています。活動内容は、こちらのをご覧ください。

デスクに座る大杉先生 研究中の大杉先生 研究室での大杉先生 大杉先生

 

先生のご趣味は、ボルダリングで、公認山岳上級指導員(スポーツクライミング)も取得中だそうです。平成29年4月1日(土)よりヘルスピア倉敷でボルダリングジムがOPENします。以下の写真は、一足先に体験している様子です。

ボルダリングジム ボルダリング ボルダリングの様子 ボルダリングの様子 大杉先生がボルダリングする様子 ボルダリングする大杉先生 ボルダリングをする大杉先生 大杉先生とボルダリングジム

学生の皆さん!スポーツクライミング部(サークル)を新設しませんか?
東京オリンピックの種目にも採用され今注目のスポーツ。
ヘルスピアの立派なボルダー壁もさることながら、岡山は天然岩も豊富なクライミング天国です♫
難しい課題を登るには、体力だけでなく、頭脳も必要。
興味があったら声をかけてくださいね!arrow

ボルダリングジム ヘルスピア倉敷ボルダリングジムパンフ

 

 

キャンパス・リサーチャーvol.11
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする