卒業・修了制作展開催中

卒業・修了制作展開催中

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2017年1月24日(火)

倉敷芸術科学大学芸術学部・大学院芸術研究科の卒業・修了制作展がスタートしました。芸術学部の卒業制作展は、1月24日(火)から1月29日(日)まで倉敷市立美術館で行われ、大学院芸術研究科の修了制作展は、加計美術館で行われます(修士課程は、1月20日(金)から2月8日(水)、博士課程は、2月14日(火)から2月26日(日))。1月24日(火)13:00からは、各賞の発表も行われました。開催期間が短いのでお早めに足をお運び下さい。

倉敷市美術館ロビー

 

卒業生の作品 卒業制作作品 芸術学部卒業制作 卒業制作作品 加計勉大賞を受賞した榧野真衣花さん

写真は、加計勉大賞を受賞した芸術学部メディア映像学科 4年次生 榧野 真衣花 さん(明誠学院高等学校出身)。作品名は「日ノ本十神図録」です。

坂本茜さん

写真は、今年度の卒業・修了制作展の実行委員会委員長の芸術学部デザイン芸術学科 4年次生 坂本 茜 さん(広島市立基町高等学校出身)。作品名は「人と動物は紙一重−動物イラストを用いた風刺画−」です。実行委員会で決めた今年度の卒業・修了制作展のテーマは「Change」です。まだ繭の中にいる学生たちが一本の糸でつながりあい変化して行こうとしている様をイラストで表現したそうです。

Grasuation Exhibition 2017 卒業・修了制作展2017 POST CARD

卒業・修了制作展開催中
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする