生命科学科 仲教授の新しい共同研究論文が発表されました。(2016年12月)

生命科学科 仲教授の新しい共同研究論文が発表されました。(2016年12月)

2016年12月28日(水)

生命科学部生命科学科 教授 仲 章伸 先生の新しい共同研究論文(総説)がCoordination Chemistry Reviewsに掲載されています。詳細は、「sciencedirect」をご覧ください。

タイトルは、「The Chemistry of Silacyclobutenes: Synthesis, Reactions, and Theoretical Studies」で、ケイ素を含む四員環化合物の合成、反応および理論計算に関するこれまでの研究を、当研究室の結果を中心にまとめたものです。この総説は、広島大学名誉教授石川満夫先生と京都工芸繊維大学教授小林久芳先生との共同執筆です。

The Chemistry of Silacyclobutenes: Synthesis, Reactions, and Theoretical Studies

生命科学科 仲教授の新しい共同研究論文が発表されました。(2016年12月)
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする