美術工芸実習の学外実習について

美術工芸実習の学外実習について

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年10月27日(木)

倉敷芸術科学大学後期開講科目「美術工芸実習Ⅱ」(対象:芸術学部デザイン芸術学科3年次生)で学外実習を行いました。場所は、高梁市成羽美術館で同美術館で開催中の「無限の網 草間彌生の世界」(会期:2016年9月10日(土)-11月27日(日))の鑑賞と美術館テラスを水玉模様にする企画に参加しました。学生さん達は、草間 彌生さんの作品の特徴である水玉(ドット)をモチーフにした服装で参加しました。

高梁市成羽美術館での「美術工芸演習Ⅱ」 美術館テラスを水玉模様にする企画 水玉模様を作る学生さん 水玉のシールを貼る男子学生 水玉のシールを貼る女子学生 大きなドットシールを貼る女子学生 3人がかりで大きなドットシールを貼る様子 ドットシールを貼る様子 高い場所でシールを貼る作業 水玉模様になってきた美術館テラス 完成した水玉模様と参加した学生さん

美術工芸実習の学外実習について
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする