「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」vol.6

「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」vol.6

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年10月15日(土)

倉敷芸術科学大学後期開講科目「倉敷と仕事」「倉敷まちづくり実践論」(科目担当:産業科学技術学部 教授 小山 悦司 先生)および前期開講科目「まちづくりインターンシップ」受講者有志にて実施されている「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」の編集作業が本学学生と岡山県立倉敷中央高等学校生徒・倉敷商工会議所青年部の皆さんと合同で行われました。会場となったのは、倉敷中央高等学校の記念館です。今後の予定は、各チームの取材が適宜個別で行われ、11月12日(土)に再度合同で編集(作画)、12月17日(土)後期最終報告会が行われる予定です。

過去記事一覧

「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」キックオフ(vol.1)

「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」出発式(vol.2)

「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」vol.3

「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」vol.4

「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」vol.5

倉敷中央高等学校記念館会場 倉敷商工会議所青年部の方と学生さん 「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」編集作業の様子 「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」編集作業の様子 パソコン入力作業中の学生さん

「水島臨海鉄道沿線ガイドブック作成プロジェクト」vol.6
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする