デザイン実習Ⅱについて

デザイン実習Ⅱについて

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年10月1日、2日(土、日)

倉敷芸術科学大学芸術学部デザイン芸術学科3年次生対象後期開講科目「デザイン実習Ⅱ」がまちなか研究室東町(〒710-0053倉敷市東町1-24)にて行われました。今回の課題は、「美観地区から考えるフューチャー・ツリーズム」です。美観地区に訪れる観光客の行動を観察した上で、各人が集めた発見や気づきのデータを共有し、それらを協働編集することで、美観地区における「情報」問題を概観できるマップを作成しました。一連のデザインプロセスから、問題状況の新たな解釈(リフレーミング)を得ることが出来ました。現在、未来ツーリズムのコンセプトモデルやユーザシナリオの展開を行っています。

まちなか研究室東町 まちなか研究室東町のれん 櫛先生と本学学生さん 観光客の行動を観察・分析 各人が集めた情報 情報問題、移動問題を概観できるマップ作り マップを作る学生さん マップを見る櫛先生と学生さん リフレーミング 櫛勝彦先生

今回担当された本学非常勤講師 櫛 勝彦 先生(京都工芸繊維大学教授)です。

デザイン実習Ⅱについて
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする