キャンパス・リサーチャーvol.4

キャンパス・リサーチャーvol.4

芸術学部デザイン芸術学科 教授 松岡 智子(Matsuoka Tomoko)先生です。

松岡智子教授

研究分野・分化・細目名 人文学・芸術学・芸術史
研究テーマ 日本と西洋の美術館・博物館史、日本近代美術史、日本と西洋の美術交流史

松岡先生の科学研究費助成事業(科研費)での採択されたテーマは、「シラク政権下の美術館構想-文化学の視点から」(期間:平成25年度〜平成27年度)です。今年度も別のテーマで採択されています。

松岡智子教授の研究室

また、教職・学芸員課程委員も務め博物館学芸員資格に関する科目を履修している学生さんは、必ず松岡先生が担当されている科目を履修しなければなりません。その中の一つ「博物館展示論」(3年次生通年開講科目)の様子をご紹介します。本科目は、博物館展示の意義、博物館展示の方法、展示の実際を中心として講義されています。特に博物館展示の実際や展示の解説活動を学ぶため、博物館見学を実施し、学芸員から解説を聞くことも授業に取り入れられており、博物館見学後の報告を学生さんがプレゼンテーションをしていました。

博物館展示論の様子 授業中の松岡教授 博物館展示論を受講中の学生 博物館見学後のプレゼンテーションの様子 プレゼンテーションする学生

キャンパス・リサーチャーvol.4
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする