卒業生活躍情報vol.69

卒業生活躍情報vol.69

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

倉敷芸術科学大学の卒業生が社会で多数活躍しています。その近況をお届けする企画です。皆様の周囲で活躍中の卒業生をぜひご紹介ください。

須波葵枝さん

須波 葵枝さん(2015年度大学院芸術研究科美術専攻修了、16期生、岡山県立岡山南高等学校出身)須波さんは、足立美術館に勤務されています。現在は、美術館の職員として活躍しています。就職されてからも自身の制作活動もしており、現在、S30号の日本画を制作中だそうです。

須波さんにインタビューしました。

どんな学生時代でしたか?

忙しくも楽しい学生生活でした。ほぼほぼ大学にいた気がします。

学生の時にできた友人はずっと仲が良いです。

学生時代に苦労したことを教えてください。
アルバイトにボランティアに講義のTA、日本画の講座、作品制作・・・等々、あげていけば、きりがないほど時間を工面して、沢山のことを行ったことは苦労だったかもしれませんが、今でも良い経験であったと思っています。
現在の仕事内容を教えてください。
受付などの業務、展覧会の準備、展示室の清掃、収蔵品の管理、作品の研究、美術館内の日本庭園の解説などです。
社会人になって大変だったことを教えてください。
社会人になって初めて一人暮らしをはじめ、知らない土地に来たので新しい環境に慣れるのが大変でした。
学生時代に培ったことで社会で役立ったことを教えてください。
学生生活に体験したことは、様々なところで役立っています。無駄な経験はなかったと思います。
後輩の皆さんに一言お願いします。
大変なことも多いと思いますが、良い選択をして後悔のない生活を送ってほしいと思います。
卒業生活躍情報vol.69
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする