前期開講科目「デザイン実習Ⅰ」について

前期開講科目「デザイン実習Ⅰ」について

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年7月29日(金)

倉敷芸術科学大学芸術学部デザイン芸術学科3年次生対象の前期開講科目「デザイン実習Ⅰ」は、提示された課題に対し、示されたデザインプロセスや手法、技法に基づいて制作・提案する授業です。授業は月曜日、火曜日、金曜日にそれぞれ2コマずつ開講され、何れの曜日も複数分野のクラスが設けられているので、各曜日から1クラスずつ合計3クラス(週6コマ)を選択する複数の先生が担当する科目です。

今回は、手織り、 紬織の授業の様子をご紹介します。

手織り・紬織の授業の様子 学生を指導する村上教授 指導する村上教授 織物をする学生さん 村上教授の指導を受ける学生さん 事業の様子 人間国宝に認定された村上良子教授

授業を担当されているデザイン芸術学科 教授 村上 良子 先生です。村上先生は、重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定されており、受講している学生さんも「日本の伝統工芸を先生から学ぶことができてとても嬉しいです。」と先生の人間国宝認定を喜んでいました。

前期開講科目「デザイン実習Ⅰ」について
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする