【COC事業】炊飯シミュレーション実習を実施しましたvol.19

【COC事業】炊飯シミュレーション実習を実施しましたvol.19

 平成28年7月25日(月)生命科学科で炊飯シミュレーションを開催しました。
 教室で自助、共助、公助や備蓄に関する講義を聞いた後、班に分かれて調理室に移動して調理開始。今回作成するメニューは「トマトリゾット 70人前」です。用いる食材ごとに班分けを行い、グループ内で完成時の配りやすさもさることながら、見た目も相談しながら食材を切り分けました。ちなみにルールとして、全員必ず何かしらの作業をすることにしました。
 材料の下ごしらえが完了したら大鍋の出番です。今回は、熱源が1つだけという条件で行いました。お米(生米)35合と食材を鍋に入れ、焦げ付かないよう二人掛かりで大きなへらでかき混ぜます。30分後、なんとか完成しました!70人前は大量です。班毎に分配を行い試食、みなさん美味しく頂きました。
 その後、地域住民と大学生のかかわり合い向上に向けたグループワークを実施。調理前より慣れたせいか、みんな積極的に意見を出してくれました。最後に各班前に出て発表を行いました、面白いアイディアもだせました。調理という共同作業を行うことによって、コミュニケーションを深め備災に役立てる取り組みを進めていきます。

野菜の下ごしらえ 野菜を切る学生さん 大鍋で調理する学生さん 大鍋での調理の様子 大鍋でトマトリゾットを調理その2 トマトリゾット試食 トマトリゾットを試食する学生さん グループワークの様子 グループワーク 地域の方とグループワーク 発表の様子 各班の発表

【COC事業】炊飯シミュレーション実習を実施しましたvol.19
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする