矢掛町立山田小学校にて出張講義を実施しました Vol.2

矢掛町立山田小学校にて出張講義を実施しました Vol.2

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

 平成28年7月20日(水)矢掛町立山田小学校にて、デザイン芸術学科近藤准教授による缶バッチ、ストラップ製作体験の出張講義を実施しました。
 4年生~6年生36名と矢掛高等学校の学生ボランティアの学生さんと一緒に実施することができました。テ缶バッチのテーマは:夏、ストラップのテーマは:自分の好きなものを描くことにしました。みんな、思い思いの絵を描いて製作することができました。満足の行く製作体験となりました。
 次回は、平成28年7月22日(金)1年生~3年生対象に、水辺の生き物について、生命科学科大塚准教授が出張体験講義を実施予定です。

デザイン芸術学科近藤准教授 ストラップ製作体験出張講義 ストラップ製作体験 ストラップ製作する小学生 完成した缶バッチを持つ小学生

今年も、アオバズクさんのお出迎えお見送りがありました。毎年、この木へ帰って来ては子育てをしているようです。

アオバズク

矢掛町立山田小学校にて出張講義を実施しました Vol.2
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする