キャンパスあるあるvol.22(熱いぜ!ガラスコース!!第2弾)

キャンパスあるあるvol.22(熱いぜ!ガラスコース!!第2弾)

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年6月9日(木)

倉敷芸術科学大学の日常の風景をお届けする企画です。”熱いぜ!ガラスコース!!”第2弾をお届けします。第1弾は、こちらです。

宮下真巳さん

芸術学部デザイン芸術学科 3年次生 宮下 真巳 さん。ガラス工芸に熱中している学生さんの一人です。岡山県内出身で自宅から通学しています。将来の夢は、ガラス工芸作家で、現在、時間があればガラスに触れる時間を優先させています。

今回は、(1)作品を削る様子と(2)ガラス溶解炉のバブリング(ガラス組成の均一化を図る事により、冷却時の破損防止のために行う作業)、(3)破損した作品等の再利用状況をお伝えします。

(1)作品を削る様子

作品を削る宮下さん 作品を削る様子 作品を削る様子アップ 大学のガラス工房

(2)ガラス溶解炉のバブリング

ガラス工芸領域名物”大根”を用いたバブリングです。

大根を用いたバブリング バブリング1 バブリング2 バブリング3 バブリング4

 

(3)破損した作品等の再利用状況

破損した作品等の再利用 破損した作品を溶解炉に入れる

キャンパスあるあるvol.22(熱いぜ!ガラスコース!!第2弾)
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする