倉敷美観地区を中心に学生がフィールドワークを行いました。

倉敷美観地区を中心に学生がフィールドワークを行いました。

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年5月21日(土)

倉敷芸術科学大学前期開講科目「倉敷まちづくり基礎論」を履修している学生さん達91名が倉敷美観地区を中心にフィールドワークを行いました。本授業の趣旨は、日頃からまちづくりについて考えようとする心を育てながら、まちづくりに参加するときの土台となる基礎力を身に付けることです。

倉敷物語館に集合し、少人数のグループに別れ、散策マップを片手に大原美術館や倉敷芸文館などといった観光スポットや当日開催されていたイベントを回り、地域の課題を模索しました。

フィールドワークに参加した学生さん フィールドワークの様子 フィールドワークの様子 村上教授と学生さん フィールドワークの様子 散策マップをみる学生さん 村上教授の話を聴く学生さん 人力車 倉敷美観地区散策 倉敷美観地区散策 林源十郎商店 美観地区の学生さん 授業の様子

倉敷美観地区を中心に学生がフィールドワークを行いました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする