芸術学部川上講師が「大学教育イノベーションinOKAYAMA」において本学の事例を発表しました。

芸術学部川上講師が「大学教育イノベーションinOKAYAMA」において本学の事例を発表しました。

※ご注意!この投稿は1年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年5月8日(日)13:00〜16:00

倉敷芸術科学大学芸術学部芸術デザイン学科 講師 川上 幸之介 先生がG7倉敷教育大臣会合応援事業シンポジウム「大学教育イノベーション in OKAYAMA」(主催:大学コンソーシアム岡山他)において「現代アートと教育」というタイトルで本学芸術学部が取り組んでいる「地(知)の拠点整備事業」についての発表を行いました。

大学教育イノベーション 川上幸之介先生

芸術学部芸術デザイン学科 講師 川上 幸之介 先生です。

発表する川上幸之介先生 大学教育イノベーション in OKAYAMA 大学教育イノベーションパンフレット表面 大学教育イノベーションパンフレット裏面

芸術学部川上講師が「大学教育イノベーションinOKAYAMA」において本学の事例を発表しました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする