動物生命科学科 神田鉄平先生と学生さん達による研究論文が発表されました。

動物生命科学科 神田鉄平先生と学生さん達による研究論文が発表されました。

※ご注意!この投稿は2年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

2016年4月5日(火)

倉敷芸術科学大学生命科学部 動物生命科学科 准教授 神田鉄平先生と動物麻酔科学研究室(旧 動物薬物治療看護学研究室)に所属していた卒業生達による研究論文が発表されました。論文のタイトルは、”Temporal effects of intramuscular administration of medetomidine hydrochloride or xylazine hydrochloride to healthy dogs on tear flow measured by use of a Schirmer tear test I”で、動物の麻酔や鎮静に用いられる薬物が、イヌの涙の量に与える影響について報告した論文です。米国獣医師会(American Veterinary Medical Association)の出版するAmerican Journal of Veterinary Researchに掲載されています。ぜひごらんください。

 

共著した卒業生

  • 石原 聡子さん(13期生)
  • 岡 美依那さん(13期生)
  • 迫 香織さん(14期生)
  • 佐藤 洋子さん(14期生)

AVMA

動物生命科学科 神田鉄平先生と学生さん達による研究論文が発表されました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする