産学官連携事業「ふくめく」について

産学官連携事業「ふくめく」について

※ご注意!この投稿は4年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成25年7月31日(水)
倉敷芸術科学大学芸術学部デザイン学科の学生さん達が広島県福山市・福山青年会議所と福山大学、岡山大学の学生さん達と福山トレーディングカード「ふくめく」を制作しました。
平成24年9月、福山青年会議所から「福山かるた」を幅広い年齢層に広げるために「ふくめく」の制作依頼がありました。福山市の事を学べる教育ツールとして活用してもれるよう「ふくめく」は、完成までに半年かかりました。小さいお子様でも遊べるカルタ遊び、しりとり遊びなどの複数の遊び方ができるように議論に議論を重ね平成25年3月に完成させることができました。

「ふくめく」のキャラクターです。

ふくめくキャラクター ふくめくキャラクター

平成25年5月より福山市内の書店にて販売を開始し、新聞・ラジオ・テレビなどのメディアにも取り上げて頂きました。普及活動の一つとしてマンガも制作したり、各種イベントで体験会等を開催していますので皆様よろしくお願いします。

制作したマンガの一部です。

ふくめくマンガ

産学官連携事業「ふくめく」について
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする