芸術学部 馬場准教授が倉敷市と連携しアプリを開発

芸術学部 馬場准教授が倉敷市と連携しアプリを開発

※ご注意!この投稿は4年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成25年4月3日(水)
倉敷芸術科学大学芸術学部メディア映像学科准教授 馬場 始三 先生が倉敷市と連携し倉敷市文化財のスマートフォン用アプリケーションを開発しました。本アプリケーションは、倉敷市内の文化財を容易に検索することができ、市内を観光に訪れる方はもちろん市内にお住まいの皆様にも広く使って頂けるように詳細な情報を文化財の画像とともに楽しむことができます。実使用についてはまだ手を加える必要があるものの試用版としてはご使用頂けます。倉敷芸術科学大学教育研究支援センターにてご使用頂けますのでぜひお越し下さい。

倉敷の文化財アプリ 文化財名から探す アプリ

芸術学部 馬場准教授が倉敷市と連携しアプリを開発
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする