芸術学部 草野教授の論文が学術雑誌のWeb版に掲載されました。

芸術学部 草野教授の論文が学術雑誌のWeb版に掲載されました。

※ご注意!この投稿は5年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成25年1月17日(木)

Crystal Growth & Design

本学芸術学部教授 草野 圭弘 先生の論文がアメリカ化学会の「Crystal Growth & Design」のWeb版に掲載されました。 
酸化鉄(Fe203)には幾つかの多形が存在します。その一つであるベータFe203は、安定相であるアルファFe203(赤色の鉄錆)に構造変化する際に生成する酸化鉄ですが、準安定相のため合成が難しく物性などの詳細は良くわかっていませんでした。
草野先生の研究グループは、この物質の単相合成に成功し、安定相への構造変化の過程を電子線回折により初めて明らかにしました。
詳細については「Crystal Growth & Design」Web版をご覧下さい。

芸術学部 草野教授の論文が学術雑誌のWeb版に掲載されました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする