本学学生の研究が学術雑誌に掲載されます。

※ご注意!この記事は4年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

本学生命科学科2年次生 岩崎 智子さん、岡山理科大学 新宝 理恵さん、岡山大学 原明 友香さん3名で「なぜ四つ葉のクローバーが発生するのか」と発芽のメカニズムに興味を持ち、岡山県立一宮高等学校在学中から、光や温度、圧力などの外的要因が種の成長に与える影響についての研究が米国物理学協会の学術雑誌「ジャーナル・オブ・アプライド・フィジックス」に掲載が決まりました。

平成24年1月5日(木)の山陽新聞朝刊岡山全県版に記事も掲載されています。

クローバーの種高圧力でも発芽

 


本サイトに掲載されている記事、写真、イラストなどは日本国著作権法および国際条約により保護されています。
詳しくは「著作権について」をご確認ください