津波を想定した避難訓練が実施されました。

津波を想定した避難訓練が実施されました。

※ご注意!この投稿は5年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成24年12月7日(金)13:00〜15:00
倉敷市立連島中学校の生徒600名が本学関連施設ヘルスピア倉敷にて津波を想定した避難訓練を実施しました。ヘルスピア倉敷は津波避難場所として倉敷市より指定を受けています。倉敷市連島学校からヘルスピア倉敷までは、約5㎞で災害の想定として震度6の地震が発生し、津波注意報が発令されて少人数の班に分かれヘルスピア倉敷まで冷静・沈着に避難するという訓練です。

最速の班はヘルスピア倉敷まで33分だったそうです。

避難訓練の様子 倉敷市立連島中学校の生徒 倉敷市立連島中学校の生徒 倉敷市立連島中学校の生徒

津波を想定した避難訓練が実施されました。
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする