平成24年前期講義「人生と仕事Ⅰ」についてvol.11

平成24年前期講義「人生と仕事Ⅰ」についてvol.11

※ご注意!この投稿は5年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成24年7月25日(水)13:10~14:40
平成24年前期講義「人生と仕事Ⅰ」の第14回目が開講されました。

20120727_1_01

今回のテーマは、「判断 ~自分を理解するために~」

20120727_1_02

講師は、本学学長 唐木先生です。

20120727_1_03

内容は、人生、生活の多くの場面において「判断」することが必要であり「恐怖」「不安」と「安全」「安心」って??
動物は、安全でないものはすべて危険と判断する→「ゼロリスク」人間は、これまでの経験も取り入れて総合的に判断する。

20120727_1_05

「ヒューリスティック」・・・短時間に直観的に結論を求める方法
直観的なアプローチの為には、「経験」「知識」が必要。
自ら情報を得て、自分で判断する・・・これが大学の学び方。
ヒューリスティックな判断の例として

  • 「交通事故」と「宝くじ」
  • 暗証番号が分からなくなったら
  • 水道水とミネラルウォーター
  • 「騒音」と「タバコ」どっちが体に悪い

といった面白い事例を挙げて説明して頂きました。

経験、知識、考えるとはどういう事?生きるための脳「辺縁系」と社会をつくる脳「前頭連合野」。「前頭連合野」初めは白紙のノート、勉強して経験を蓄えるヒューリスティックな判断に活かす。

また、性善説と性悪説についてもお話して下さいました。
男性と女性の性格(攻撃性)の違いについて、胎児期のホルモンシャワーの影響が関係し、人指し指の長さも変わるというトピックスも紹介され、みんな笑顔で指の長さをチェックしました。

20120727_1_09

ヒューリスティックという、無意識に実践しているがはじめて聞く方法論を中心に、多くの学生さんに意見を聞くスタイルで、みんな緊張感を持ちつつも、身近なネタを例にして分かりやすく教えて頂きました。

平成24年前期講義「人生と仕事Ⅰ」についてvol.11
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする