出張講義についてvol.2

出張講義についてvol.2

※ご注意!この投稿は6年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成24年7月17日(火)13:00~16:00

倉敷市立水島中学校校門

本学美術工芸学科 時光先生が倉敷市立水島中学校へ出張講義に行きました。
講義内容は「粘土で作る小さな彫刻(発泡スチロールを芯材にしたテラコッタの制作)」です。

出張講義の様子 美術工芸学科時光先生

美術工芸学科 時光先生です。

指導中の時光先生

作ってみたいものを考えイメージスケッチを描いている様子です。
あらかじめ作ってみたいものの写真など資料を持ってきてもらいました。

粘土を付着させていく作業

芯材(発泡スチロール)を加工し粘土を付着させていく作業です。

作品作成

イメージしたものが出来上がってきているみたいです。

手伝う時光先生

時光先生もイメージに近づけるために一緒に作っています。

この日はここまでで、次回(平成24年7月18日(水)13:00~16:00)芯材を溶かし完成させるそうです。

出張講義についてvol.2
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする