窯詰めについて

窯詰めについて

※ご注意!この投稿は6年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成23年10月5日(水)
毎年恒例の窯詰め作業が行われていました。

窯詰め作業の様子

美術工芸学科 岡田 輝 先生の指導の下一つ一つ丁寧に詰められてました。

窯詰め作業中の岡田先生

学生さんの作品はもちろん先生ご自身の作品も詰めるそうです。

岡田先生の作品

作品と作品の間にワラを詰めている様子です。

作品と作品の間に藁を敷き詰める様子

大きな作品から順番に詰めていくそうです。

陶芸作品

こんな作品もあります。

棚に並べられた陶芸作品

まだまだこんなにたくさんあるんです。
学生さんも自分の制作した作品が仕上がるので喜んでいます。

西由衣さん

美術工芸学科 3年 西 由衣 さん

羽野斗志夫さん

美術工芸学科 3年 羽野 斗志夫 さん

徳田康之さん

美術工芸学科 3年 徳田 康之 さん
窯焚は、平成23年10月7日(金)から10月13日(木)まで行われ、そのあと10日ほどねかせて窯出しは今月下旬頃だそうです。

窯詰めについて
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする