幾何のふしぎ「黄金比への憧憬」について

幾何のふしぎ「黄金比への憧憬」について

※ご注意!この投稿は6年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

平成23年9月16日(金)~平成23年10月23日(日)
9:00~17:00(入館16:30まで)
幾何のふしぎ「黄金比への憧憬」が加計美術館にて開催されます。
3名の先生によって開催される展示会です。

黄金比への憧憬1 黄金比への憧憬2

倉敷芸術科学大学 産業科学技術学部 渡辺 守 先生
倉敷芸術科学大学 芸術学部 カスパー シュワーベ 先生
倉敷芸術科学大学 芸術学部 クリス ウォルトン 先生

芸術と科学の協調に関する共同研究の一環として、数学とデザインの先生が黄金比をテーマに幾何オブジェを展示します。教材モデルを触って幾何の不思議を体験してみませんか。

入場は、無料となっておりますのでぜひお越しください。
詳細については、加計美術館(086-427-7530)まで。

幾何のふしぎ「黄金比への憧憬」について
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする