生命科学科 須見研究室の近況について

生命科学科 須見研究室の近況について

※ご注意!この投稿は7年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

生命科学科 須見研究室の様子です。 

生命科学科 須見先生

生命科学科 須見先生 です。言わずと知れた「納豆博士」です。
機能性食品(納豆・テンペ等)の研究においては右に出る者はいません。納豆にナットウキナーゼが含まれていることを発見したのも須見先生なんです。
そんな先生が忙しい研究の合間に大好きなギターを弾くことが唯一の楽しみでコンサートにもよく行くそうです。

生命科学科 大杉先生

生命科学科 大杉先生 です。本学の卒業生(1期生)でもある先生は現在、発酵微生物由来の生理活性物質についての研究を行われているそうです。
現在の目標は「SASUKE」にでることで研究の合間に日々特訓をしているそうです。

生命科学科 坂本 博亮 さん

生命科学科 4年生 坂本 博亮 さんです。
卒業研究は、各種豆類を用いたナットウキナーゼの高生産化について研究しているそうです。社会人になりたくないそうです。残り少ない学生生活を満喫して卒業したいとのことです。

生命科学科 小松 素子 さん

生命科学科 4年生 小松 素子 さんです。
卒業研究は、HPLC法を用いた食品中のポリアミン量の測定について研究しているそうです。趣味は、ヨガやアロマでとてもリラックスできるそうです。

大学院修士課程機能物質化学科 瀬良田 充 さん

大学院修士課程機能物質化学科 瀬良田 充 さんです。
研究内容は、大豆発酵物に含まれるポリアミン含有量の測定です。趣味はご自宅で熱帯魚(プラティなど)を飼育されているそうです。

大学院修士課程機能物質化学科 徳留 瞬 さん

大学院修士課程機能物質化学科 徳留 瞬 さんです。
研究内容は、キノコの抽出液の血球細胞及びプラスミノーゲンアクチベータへの影響です。趣味は、ご自宅でオカヤドカリの飼育をされているそうです。

実験補助 池田 裕哉 さん

実験補助 池田 裕哉 さんです。
研究内容は、木質バイオマスです。木質バイオマスとは「再生可能な、生物由来の有機性資源(化石燃料は除く)」なかで、木材からなるバイオマスのことを「木質バイオマス」と呼びます。

実験補助 池田 志織 さん(右) 実験補助 内藤 佐和 さん(左)

右が 実験補助 池田 志織 さんです。
左が 実験補助 内藤 佐和 さんです。
二人とも仲好しでプライベートでもよく遊ぶらしいです。
内藤さんの最近の趣味がポン菓子作りらしく研究室ではポン菓子が食べ放題でした。一度研究室にポン菓子を食べに行ってみてもいいかもしれませんね。下の写真がそのポン菓子です。

ポン菓子

生命科学科 須見研究室の近況について
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする