No Thumbnail

草野圭弘准教授が参加する研究チームが世界初となる合成手法を確立

※ご注意!この投稿は6年以上前に投稿された記事で現在は情報が変わっている場合があります。

草野圭弘准教授(美術工芸学科)が参加するNEDOの「希少金属代替材料開発プロジェクト」において、レアアースを含まない強磁性材料粉末(窒化鉄)の単相合成に世界で初めて成功しました。現在使用されているネオジム磁石には、レアアース(希土類)が含まれており、資源的な問題から代替え材料の研究が進められてきました。本成果によりレアアースを使用しない磁石作製への大きな一歩となります。

No Photo
この記事をお届けした、倉敷芸術科学大学情報発信サイト「つなぐ」の最新情報をチェックしよう! フォローする フォローする